« 抜染用の黒地反物を企画しました | トップページ | 抜染雪花絞りの巻きスカート作りました »

2022年10月 6日 (木)

黒無地反物からの抜染の雪花絞り 

20221002-121601 20220930-090756

 

20221006-131816

工芸染色の抜染に使えるように染工所で染めてもらった黒無地反物で抜染の実験をしてみました。黒無地の染料は反応性染料です。

ハイドロサルファイトの溶液で抜染できますが、苛性ソーダの溶液を加えることで、抜染の色味が変化することに気が付きました。

苛性ソーダを加えると鮮やかな青い色が出てきます。洗って完全に酸化させると少し彩度が落ちて落ち着いたブルーグレーになりました。

抜染液の溶液の割合や最初に生地に部分的に水を吸わせることで模様の色味や柄の出方が変化しました。

 

20221008-143930

抜染液に浸したとき、藍色になりましたが、よく洗って完全に酸化発色するとグレーになりました。染料は全く加えていません。

   

 

黒無地反物はこちらです。https://store.shopping.yahoo.co.jp/sekkasibori/3-black.html

2022091243s

 


 

 

 

 

 

« 抜染用の黒地反物を企画しました | トップページ | 抜染雪花絞りの巻きスカート作りました »

抜染の雪花絞り」カテゴリの記事

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • バルーンスカート20240425-155527
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ