« 浴衣生地を縦に使って作った折りたたみマスク | トップページ | 雪花絞り浴衣生地の折りたたみマスク クリップで立体的に形を固定してみた »

2020年4月20日 (月)

お鼻がつーんと とんがった折りたたみ立体マスク 続浴衣地で

20200412-085635 雪花絞りの折りたたみマスク 

 

大体同じたたみ方なのに、微妙に形が変わってしまうのは、生地の張りとか厚みも影響している。

ひだの開き方、角度なども影響している。

縫うのは面倒だから、簡単に折りたたんでと思ったけどそんなに簡単でもなかった。

けど、だからこそ面白くなって思わずハマってしまった!

前回浴衣地で、

たまたま鼻がツーンと立ったような形が出来て面白かったので、もう一度白生地でたたんでみた。

20200416-114213

 

20200417-155401 20200417-160500

20200417-1548091展開するとこんな感じです!

 

20200417-162059

どこか1箇所クリップで留めた方が良さそうです。ここではなくて上の方のひだの中で留めました。ひだの中に入れてしまえば表からも裏からも見えなくなります。

それとひだの開き方、平面で開くより、縦2つ折りにしてから開いた方がマスクが立体的になった。

だいぶ要領がわかって来ました。

コレは雪花絞りで色々作ってみると楽しそうです!

 



« 浴衣生地を縦に使って作った折りたたみマスク | トップページ | 雪花絞り浴衣生地の折りたたみマスク クリップで立体的に形を固定してみた »

縫わない折りたたみマスクの実験」カテゴリの記事

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • バルーンスカート20240425-155527
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ