« 続 縫わない立体マスク 生地をバイアスに使って | トップページ | 折りたたみ立体マスク 縦地とバイアス地の比較 »

2020年3月23日 (月)

折りたたみマスク ストールとおそろいの知多木綿麻崑生地で染めました!

 20200323-1157511 20200321-111803

マスクって顔の半分ぐらいを占めるので、ある意味服やアクセサリーより目立つ。だったら実用的な目的だけじゃなく、もうちょっと遊んでもいいんじゃないかと思った。

そこで、ストールとマスクをお揃いで作ってみたくなった。

嵐絞りで一緒に染めて、試しに作る。

嵐絞りのストールはまあ普通で違和感ないけど。マスクはかなり風変わりな印象だ!想像していた以上に強く目立つ。

まあいいか。今度これで出かけてみよう。マスクだけだとかなり浮きそうだけど ストールと一緒なら緩和されるかな?

20200323-134941  20200323-134101

マスクの内側、布の両端のジョイント部分は、1か所だけクリップで留めました。こうすると型崩れしなくて安心して着脱できることに気が付きました。

20200323-134533

マスクを外した時は二つ折りにしてこんな形になります。ふっくらした形で、巾着みたいです。

平置きだと裾が広がって富士山みたいな形ですが、その部分であごを包むように装着します。

20200325-1141091 20200325-1301191

 

生地の両端が三角に飛び出した部分が側面に回り込みます。ここはマスクとして余計な部分ですが、花びらみたいな形で少しだけはみ出すのが私は気に入っています。ここで縫っていないんだってアピールしたい。

自分の顔に合わせて形を作るので、ダブダブせずにぴったり立体的なマスクになりますが、きれいな曲線を描くように装着するには、ちょっとコツがいるマスクになりました。

うーん、最初に思ったほど簡単でもないか?

 

 


 

 

 

 

« 続 縫わない立体マスク 生地をバイアスに使って | トップページ | 折りたたみ立体マスク 縦地とバイアス地の比較 »

嵐絞り」カテゴリの記事

縫わない折りたたみマスクの実験」カテゴリの記事

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • バルーンスカート20240425-155527
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ