雪花絞り反物の染色

2016年8月24日 (水)

地色を赤と黒のグラデーションに染めた秋色抜染雪花絞り反物の柄合わせ

20160823_085932_640x478

 秋色の雪花絞り反物

レマゾール染料で黒と赤のグラデーションで染めた反物を、スレン染料の黒で、抜染と染色を兼ねて染めだした雪花絞りは、黒地の部分と赤い地の部分でギャップがありすぎるように感じました。

そこで柿渋を重ねてアルミ媒染し、えんじゅの黄色を重ねました。

これで、黒地の部分の雪花模様の色が抜けたところが、黄色みの柔らかい色になり、前より落ち着いたと思います。

それでも前回試した黒だけのグラデーションよりコントラストが激しいので、着物に仕立てたら、どんな雰囲気になるだろうと思い、さっそくボディーに着せてみました。

20160822_110848_270x64020160822_111612_242x640

 
柄合わせは、やはり黒地と赤の模様の部分が交互ななるようにしたいと思います。
 
衿は明るい色身の方を多く出すようにしたい。大体こんな感じになるだろうか?
 
一つ一つの色は結構渋いのですが、こうして見ると、かなり遠目にも、はっきり目立ちそうな色の組み合わせになっています。
 
秋の紅葉の陽射しの中で着たい雪花絞りですが、帯選びに苦労するかも!

2016年8月17日 (水)

地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物 実験結果

20160814_101717_640x478
 
白地を残してレマゾール染料の黒の濃淡で染めた反物に、スレン染料黒の雪花絞り。
スレン染料に浸す前に、高温で溶いたレマゾール染料でかすかな赤の色注しをしています。
 
レマゾール染料の黒1色だけなので、他の2色のグラデーションの地染め反物よりは地染めが楽でしたが、このぐらいでも、全部黒1色に染めてから抜染するよりかえって面白いと思いました。
 
20160814_134254_478x640_3
 
赤と黒のグラデーションの地色に、薄めたスレン染料の黒。黒地のところと赤の地色のところと、色の抜け方が全く違ったのは予想外だった。
 
黒のところは以前地色を全部黒に染めたときの抜染とほぼ同じ染まり方をしたが、赤のところは思ったよりだいぶ抜けてしまった!
 
つながりがなさ過ぎるような気がするので、もう一度全体に黄色を重ねたら、もう少しましになるだろうか?
 
20160814_105421_640x478
 
こちらも赤と黒のグラデーションの地色は上と同じ。スレン染料の黒はさらに薄めて、ハイドロサルファイトと苛性ソーダを足して、より色が抜けやすいようにした。そして、スレン染料に浸す深さは浅くしてみた。
レマゾール染料の黒地の部分は全く予想外の色の抜け方をした。真っ黒に残ったところと、なぜかグレーに残ったところと、くっきりと2色に分かれた。これはスレン染料の色ではない!
赤いところはもう少しだけ色が残ってほしかったが・・・・なかなか思い通りにならない。
これで、スレン染料の状態は同じでも、レマゾール染料の濃度で、ずいぶん色の抜け方が違ってくることはよくわかった。
地色を生かした黒から白のグラデーションは大体思った通り、きれいに染まったと思いますが、赤と黒のグラデーションはギャップがありすぎて、イメージ通りにはならなかった。
 
レマゾールの黒をもっと薄めてグレーと赤のグラデーションの地色を作ってもう1度挑戦してみたくなった。
紫とエメラルドグリーンのグラデーションの地色は染めるのにいちばん苦労したので、まだもう少し慣れるまで保留にしておこう!
 

2016年8月12日 (金)

抜染の雪花絞り反物の染色準備

20160808_164831_1280x956_1024x765_6

地色をレマゾール染料でグラデーションに染めてから抜染の雪花絞りをすると、変化のある今までとは違った雰囲気の雪花絞りが染められることに気付いたので、とにかくひたすら地色を染めました。

きれいなグラデーションにするのに、なかなか1回の染色だけでは決まらず、3回ぐらい染め重ねずにはいられない。

染色温度は約60℃、染色時間はソーダ灰を入れてから1時間、その間60℃を保つようにする。

連日の猛暑のせいもあってとにかく暑かったが、新しい雪花絞りを試してみたくて、染めてはたたむ作業を繰り返し、やっとカラフルな三角柱の準備ができました。

白生地をたたむだけよりだいぶ時間がかかってしまったので、なるべく失敗はしたくない。

下手に抜染するよりこのままの方がきれいかもなんて思いながら、とにかく仮留めしたひもをもう一度きつく締め直します。
両端には折りたたんだ新聞紙をクッションとして挟んでいます。

この新聞紙をクッションにしてさらに板で締めていたのですが、結局板が影響するのは両端だけ、角にひもが食い込むのを防ぐために板を挟むだけなのだから、厚く重ねた新聞紙でも板の代用になるのでは?

普段木工をやっているわけでもないので、板を正確に切る作業は結構大変、厚く折りたたんだ新聞紙で代用できればもっと簡単にいろんなパターンの雪花絞りが試せる。そう考えて、新聞紙で間に合わせてみることにしました。

 

 

2016年6月 1日 (水)

レマゾールブラックBとスレン染料黒の抜染雪花絞りと、紙布の雪花絞り

20160528_103608_765x1024_478x640

コーマ綿の反物1反の地色をレマゾール染料の青味の黒でしっかり染めてから半分に切って1/2反づつ、それぞれスレンの黒で抜染と同時に染めた6列屏風畳み正三角形のパターンの雪花絞りです。

スレンの黒の染料は苛性ソーダとハイドロの溶液で薄めています。

今まで反応性染料はプロシオンMの低温染色しか使ったことが無かったのですが、これで1反分濃色に染めるのはあまりにも効率が悪いため、60℃ぐらいに温度を上げて染めるレマゾール染料を選んでみました。

ぬれているときは真っ黒に染まったように見えましたが、1回の浸染で真っ黒にはならず、乾かしてみると、学生服のような濃紺に染まっていました。それでもプロシオンMよりは、ずっと効率よく濃く染まりました!

これを折りたたんで締め、スレン染料の黒で抜染をかねて雪花の模様を染め出します。

抜染染色で雪花の模様を染め出すスレン染料の黒は、薄めたほうが面白い染まり方をするのではないかと思い、苛性ソーダとハイドロの溶液を後から足して薄めました。染色温度も、通常のスレン染料の染色より高め、70℃ぐらいに上げました。

下の中央の大柄の雪花絞りは紙布の反物です。こちらの地色は低温染色のプロシオン染料で染めています。大体黒っぽい地色に染めていますが、茶色やグリーンなど、何色か重ねて、濃いグレーにした地色です。色の抜けたところは予想以上にビビットな黄色になりました。両端のコーマ綿(地色がレマゾールの黒)とはぜんぜん違う色に抜けています。

抜染染色に使ったスレン染料の状態はほぼ同じです。左端が1番、右端が2番、中央が3番の順番で染め、4番目が上の右側の雪花絞りです。

20160528_083331_640x478

左端を最初に染めてから、右端を染め、ハイドロを少量追加してから、中央の大柄を染め、最後に再びハイドロを少量足して上段の右を染めました。

最後の雪花絞りだけ、色の抜け方が弱まり、紫みの色が現れています。1回抜染染色するごとにハイドロの効力は弱まるのではないかと思っていたので、1回ごととに少量のハイドロを追加しながら作業したのですが・・・4番目だけ色の抜け方が弱いのはなぜ?

ハイドロはちゃんと足しているので、たぶん染めてから開くまでの時間が短すぎたのかもしれない。他は吸い込んだ染料がさめてから開いていたのですが、これはまだかなり熱いうちにに冷まさずすぐに開いてしまったからではないか?

開いたとき、ほとんど色が抜けていないように見え失敗かと思いましたが、洗っているうちに紫味がかった模様が浮き出してきて、ほっとしました。

細いシャープな線を残そうとするより、こちらの形に残す雪花絞りの方が、極端な失敗が少なくリスクが低いと思いました。

桜の花びらのような形になるので、もう少し明るい春らしい色目で、お花見に着られる雪花絞りも染めてみたいと思いました。

中央大柄の雪花絞りはあまりにもコントラストが強く感じたので、草木の染料を重ねて、色を和らげてみたくなりました。

淡い柿渋を重ね、アルミ媒染してから、反物の半分は西洋茜、他の半分はエンジュを重ねました。

20160601_093959_340x640
西洋茜を重ねた左側は金茶のような色になって、かすかに色味が違います。

雪花絞りは同じパターンの繰り返しなので、どこかで崩してみたくなったのですが、着物に仕立てたときどう出るでしょうか?

確かめてみたくて、ボディーに着せてみました。

かすかな色身の違いですが、上前をどちらの色にするかで多少印象が変わるかもしれません。

やはり、抜染しただけの色よりかなり落ち着いていると思います。

美濃紙を横糸に織ったというこの反物はコーマ綿より厚手で、その分染料ののりも良く、深みのある色が出せたと思います。

秋冬に着られる着物になりそうです!

この反物は愛知県西尾の呉服店、あづまやさんからお預かりして試し染めしたものです。

20160602_055950_411x640

2016年5月25日 (水)

地色をグラデーションに染めた抜染の雪花絞り

地色を赤紫からグリーンのグラデーションに染めてから、スレン黒の染料を薄めて抜染しながら染めた雪花絞り反物です。

20160523_143817_288x500
抜染した部分も完全に色が抜けるわけではなく、特に青系の色と、黄色味は残っていました。

染色材料店に反応性染料の抜染について問い合わせたとき、ターキスブルーは色が抜けにくいと言っていたのですが、確かに明るい青の色がかなり強く残っています。
ターキスブルーは他の色より染まりにくく尿素を多めに入れないと水洗いでかなり色が落ちてしまうのですが、染まりにくく、いったん染まると抜けにくいということがわかりました。

紅い染料はほとんどきれいに色が抜けていました。赤系は染まりやすく、抜けやすい性質のようです。ということは抜染に適した染料ということです。地色を赤だけに染めたものも試してみたいと思いました。

20160520_092025_500x249

地色をグラデーションに染めてから折りたたんだので、グリーンと赤紫のきれいな縞模様が出来ました。

20160521_1358213_500x387

20160521_141015_500x409

20160521_135458_500x425

こちらは拡大画像です。

地色の紅いところが一番気に入っています。

この紅い地色だけの抜染の雪花絞りを染めてみたい。

緑の地色のところも近くからよくみると淡いグリーンの花型の線がきれいに出ているのですが、遠めにみると、黒の模様だけが目立ってしまってほとんど見えなくなっているのが残念に思いました。

20160529_0850163_1024x765_800x598

その後、同じようにグラデーションの地染めをした反物を再びスレン染料の黒で抜染染色をしたのですが、思い通りにならず、左は抜けすぎ、右は地色が残りすぎて細いシャープな線を染め出すことが出来ませんでした。

雪花絞りの染色を始めると、いつも平常心を保つのもむずかしくなる。
なかなか思い通りにならず、反物は水を吸うとかなり重くて体力は消耗するし、いらいらカリカリしながら染めている。


2016年1月20日 (水)

桜の花の下で着たい雪花絞り

Dsc_48541

雪花絞りの染色用に折りたたんだ反物の三角形の底辺に、ほんの少し水を吸わせてから急いでスレン染料の染浴の中に入れて染めることで、小さな花形が白く抜けるように意識して染めました。

薄墨のような黒のスレン染料の柔らかな濃淡の中に浮かぶ小さな花形を桜の花に見立てて、地色は柿渋で下染めしてから、淡い茜を重ねました。

どんなコーディネートにしたら引き立つだろうかと思いながら、仮着装してみました。帯締めをPinterestで見つけた画像を参考にハート型にアレンジしました。

木綿の雪花絞りは、やはり真夏よりも春秋に着たいと思います。

Dsc_34551

2016年1月 7日 (木)

スレン黒の雪花絞り反物の地色を染めてみました

Dsc_4607_1_2250x2500_1980x2200_11_3

Dsc_4616_417x640

スレン染料で染めた雪花絞りは、インディゴピュアで染めた雪花絞りより濃淡の幅が広く柔らかい雰囲気に染まるので、地色はあまり濃く染めなくても良いように思いました。

ただ染まり方によっては、地色を染めてみたいと思ったのもあったので、やっぱり試してみました。

柿渋を少し濃い目にすると、インディゴピュアの雪花絞りの時よりぐっと渋くなって、男物にしても良いかなあと思いました。半衿や帯など明るめの強い色を入れてみると、素朴な中にも色味の豊かさが引き出されたと思います。

スレンの黒の雪花絞りにエンジュの黄色を重ねた色の組み合わせは、なんとなくアニマル柄を連想させます。黒に黄色が重なってカーキグリーンに近い色になっているので、迷彩柄のようにも見えます。
土臭い雰囲気を強調したかったので、半衿は濃い柿渋染め、帯締めは皮ひもにしてみました。全体が同じような雰囲気になりすぎてピンと来なかったので、帯揚げに人工的でビビットなピンクを入れてみました。

2015年12月 8日 (火)

抜染の雪花絞り プロシオン染料の地色とスレン染料の淡い黒

Dsc_4445_450x800

プロシオン染料で地色を黒に染めてから抜染して反転の雪花絞りを染めよう、そのときスレン染料の淡い黒がほのかに入るようにしてみたい、そう思って試してみたのですが、想定していたのとは少し違った染め上がりになりました。

やはり手染めで黒に染めるのはなかなか大変で、緑がかった濃いグレーになってしまいました。この色も悪くないと思い雪花絞りの抜染の作業に入ることにします。

雪花絞り用の容器にしている細長いステンレスの入れ物は4,5リットルぐらいの容量なのですが、これで染められる反物は3反ぐらいです。3反染めるとまだ1リットルぐらい染液が余るのですが、もう1反染めるには溶液の深さが足りません。

そこで、余ったスレン染料の黒に苛性ソーダとハイドロサルファイトの薄め液を1リットルほど足して、薄い染料の混じった抜染液にします。プロシオン染料の色をしっかりと抜きたいので、抜染液の温度はいつもの染色のときより高くしてみました。70℃ぐらいです。

プロシオン染料は色を抜くと、黄色っぽい色が残るので、抜染された部分が黄緑色のような色になるのは大体想像がつきました。ところが色を残したかった地色のほうも少し抜けてグリーンがかった濃いグレーが小豆色のような赤みが強く出た色に変わっていました。これは予想していなかった色味です。
地色が小豆色のような印象に変わってしまいましたが、雪花の模様が淡い黄緑のような色に抜けたので、補色関係の組み合わせになって、それなりに染まったと思いました。

着物というよりは帯にしてみたいような柄かなとも思いました。

2015年12月 7日 (月)

インディゴピュアとプロシオンM染料の色注しによる雪花絞り

Dsc_4446_450x800


インディゴピュアの雪花絞りの染色では、折りたたんだ生地を水か薄めた苛性ソーダ液などに少し浸してからインディゴピュアの染液を浸透させることで模様の濃淡や形などを調整します。

この調整液に色をつけてみたら染料の軌跡が一層わかりやすくなる上、カラフルな雪花絞りが出来るはず、というわけで、試してみることにしました。

この調整液は建て染め染料とは性質の違うプロシオンM染料を使いました。

前回の抜染の雪花絞りでは地色を全部染めてから生地を折りたたみました。

今回は白生地をたたんで、それから三角の底辺の部分にプロシオン染料を吸い上げます。さらにインディゴピュアの染料の中に沈めて生地全体に浸透させます。

最初にプロシオン染料が浸透した部分には他の染料が入れないので、まだ乾いている部分に、インディゴピュアの染料が入っていきます。それぞれの染料液に入れ替えるタイミングで模様の出方は変わってきます。

なるべくはっきり色を分けるには、最初の染料から出した後、その染料がにじんで広がらないうちになるべく早く次の染料液に入れればよいはずです。

実際試してみると、思った以上にくっきりと色が分かれました!

2015年12月 4日 (金)

スレン染料の雪花絞り 黒

Dsc_44302_410x800_2

ほんの少し染料に浸すタイミングを変えたり、水を吸わせたりして模様に変化をつけることが出来ます。インディゴピュアより染まり方が安定していて濃淡の幅が広く、染めやすいように感じました。
桜の季節に着てみたい雪花絞りです。

より以前の記事一覧

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • 20170604_151339_2_426x640
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ