« 2018年7月 | トップページ

2018年11月

2018年11月26日 (月)

綿麻スラブ反物の雪花絞りの地色

久々にブログの更新です!最近ちょっとブログの更新がおろそかになっていましたが、久しぶりに記録を残しておきたいと思いました。

今回記録しておきたい生地は、手紬風の凹凸のある糸がランダムに混じったスラブ生地。麻が15%入っています。15%というと割合としてはかなり少なく感じますが、それだけでも綿100%のスラブ生地とは随分質感や手触りが違います。

木綿は縦横同じようにしわが出来るのに対して、麻は1方向に独特のしわが出来る。少し張りがあって綿より折り目がつけにくいけれど、その分染料がふわっとにじんで柔らかい雰囲気に染まる。

出来れば、複雑な色味に染めたい。雪花絞りを染める前に、反応性染料のターキスブルーで地染めをする。それから畳んでスレン染料の黒で雪花絞りを染めた。

麻混のスラブ生地は、綿100%のコーマ生地より凹凸がある分意外とボリュームがあり、1反分畳んだ時、コーマ生地より少し長い三角柱になった。

20181030_113346_640x640_2

反応性染料のブルーは抜染してもあまり色が抜けないので、かなりターキスブルーの色が強く残った。

この上に草木の染料を重ねてもう少し色を和らげてみたい。

黄色系を重ねて緑にしようか?それとも、茜のピンクを重ねて、無彩色に近いグレーにてみたらどうだろうか?無彩色の中に、よく見るとブルーやピンクの色が複雑に混じりあって見える。

そこで、西洋茜を煮出してみることにしました。茜は1番液、2番液、3番液を合わせて、柿渋下地にアルミ媒染で染めます。

濃い茜を2回重ねて、上の写真から下の写真のような色に変わりました。

20181108_123227_1280x1280

反応性染料のターキスブルーは、それほど濃くはないのですが、それでも草木の自然な色に比べるとずっと強い!濃色の西洋茜を2回重ねてやっと反応性染料のブルーと、西洋茜のピンクの中間の色になりました。


20181107_102626

仮着装してみました。かなり渋い雰囲気です!

 



« 2018年7月 | トップページ

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • Dsc_45141_2
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ