« 抜染雪花絞り/紫地色とスレン黒の雪花絞り | トップページ | 赤い地色が際立つグラデーションの抜染雪花絞り »

2018年5月19日 (土)

地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物 紫陽花色

20180515_100525_765x1024

地色をグラデーションに染めてから畳んで抜染しました。こちらは5列屏風畳、13mの雪花絞り反物です。

どんな着物になるか早く見たくて仮着装してみると

上前の肩の部分に紫の濃い雪花の模様が来るように柄合わせするのが良さそうです。

左肩は模様の薄く出た水色地色を持った来て、片身変わり仕立て風にするか、両方上半身に濃い模様を持って来て大体左右対称に仕立てるか?

顔に近い部分に模様がはっきりしている方を持って来て、下半身の方は模様の薄いブルー地、裾に濃い模様が少し出るくらいに仕立てるのが良いかな?

クリーム色の夏帯が意外とよく合いました!帯締めは組紐より生成りの皮ひもの方が雰囲気に合うみたい。どこかに和装用でないものを取り入れてしまった方が面白い。

20180515_081047_2


このページに掲載した雪花絞り反物はYAHOO!ショッピングに出品しています。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/sekkasibori/c3ddc1a1b0.html

« 抜染雪花絞り/紫地色とスレン黒の雪花絞り | トップページ | 赤い地色が際立つグラデーションの抜染雪花絞り »

雪花絞り反物の染色」カテゴリの記事

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • 20180530_100543_2_992x1024
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ