« 地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物 実験結果 | トップページ | 地色を赤と黒のグラデーションに染めた秋色抜染雪花絞り反物の柄合わせ »

2016年8月22日 (月)

地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物の柄合わせは?

20160822_131417_238x640
20160822_133256_207x640
 
地色を等間隔でグラデーションに染めた場合、柄合わせによって仕立て上がりのイメージがだいぶ違ってくるのではないかと思い、どんな柄合わせが可能か、黒のグラデーション反物で確かめてみました。
 
長着の断ち方を参考にしながら、大体こんな感じだろうか?
 
最優先したいのはやっぱり一番目立つ上前の身頃と衽をどう合わせるかですが、ここはグラデーションの濃淡をそろえずに、ずらしてみたい。どのくらいずらすかは要尺の都合で多少変わるので、ここはアバウト。
反物は13.5メートル近くある。1反としてはかなり長めに染めているので、多少の融通は利くはず。
 
雪花絞りの柄合わせでは、上前の見頃と衽の縫い目が見えなくなるようにぴったりと柄を合わせることが多いように思いますが、ここをあえてずらすことで、細く見えるのではないかと思います。
 
右見頃と左見頃でグラデーションの濃淡の位置を左右対象にあわせて、例えば黒地のところが裾になるようにする場合、グラデーションの位置がそろうように、染める前に計算して位置を決めなければならなかったと気づいたが、べつにそろえる必要も無いかな?
 
この反物の場合、衿は身頃の地色と交互になるようにしたい。
 
20160814_101717_640x478_2
 
 
 

« 地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物 実験結果 | トップページ | 地色を赤と黒のグラデーションに染めた秋色抜染雪花絞り反物の柄合わせ »

抜染の雪花絞り」カテゴリの記事

雪花絞りの浴衣と単衣着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/67085778

この記事へのトラックバック一覧です: 地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物の柄合わせは?:

« 地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物 実験結果 | トップページ | 地色を赤と黒のグラデーションに染めた秋色抜染雪花絞り反物の柄合わせ »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • 20170604_151339_2_426x640
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ