« 抜染の雪花絞り反物の染色準備 | トップページ | 地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物の柄合わせは? »

2016年8月17日 (水)

地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物 実験結果

20160814_101717_640x478
 
白地を残してレマゾール染料の黒の濃淡で染めた反物に、スレン染料黒の雪花絞り。
スレン染料に浸す前に、高温で溶いたレマゾール染料でかすかな赤の色注しをしています。
 
レマゾール染料の黒1色だけなので、他の2色のグラデーションの地染め反物よりは地染めが楽でしたが、このぐらいでも、全部黒1色に染めてから抜染するよりかえって面白いと思いました。
 
20160814_134254_478x640_3
 
赤と黒のグラデーションの地色に、薄めたスレン染料の黒。黒地のところと赤の地色のところと、色の抜け方が全く違ったのは予想外だった。
 
黒のところは以前地色を全部黒に染めたときの抜染とほぼ同じ染まり方をしたが、赤のところは思ったよりだいぶ抜けてしまった!
 
つながりがなさ過ぎるような気がするので、もう一度全体に黄色を重ねたら、もう少しましになるだろうか?
 
20160814_105421_640x478
 
こちらも赤と黒のグラデーションの地色は上と同じ。スレン染料の黒はさらに薄めて、ハイドロサルファイトと苛性ソーダを足して、より色が抜けやすいようにした。そして、スレン染料に浸す深さは浅くしてみた。
レマゾール染料の黒地の部分は全く予想外の色の抜け方をした。真っ黒に残ったところと、なぜかグレーに残ったところと、くっきりと2色に分かれた。これはスレン染料の色ではない!
赤いところはもう少しだけ色が残ってほしかったが・・・・なかなか思い通りにならない。
これで、スレン染料の状態は同じでも、レマゾール染料の濃度で、ずいぶん色の抜け方が違ってくることはよくわかった。
地色を生かした黒から白のグラデーションは大体思った通り、きれいに染まったと思いますが、赤と黒のグラデーションはギャップがありすぎて、イメージ通りにはならなかった。
 
レマゾールの黒をもっと薄めてグレーと赤のグラデーションの地色を作ってもう1度挑戦してみたくなった。
紫とエメラルドグリーンのグラデーションの地色は染めるのにいちばん苦労したので、まだもう少し慣れるまで保留にしておこう!
 

« 抜染の雪花絞り反物の染色準備 | トップページ | 地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物の柄合わせは? »

抜染の雪花絞り」カテゴリの記事

雪花絞り反物の染色」カテゴリの記事

コメント

せみのはねさん、とコメントを書き始めては、言葉がみつからず…を何回も繰り返し、ただただ「『せみのはね』だなあ」と思いながら、見とれています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/67051370

この記事へのトラックバック一覧です: 地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物 実験結果:

« 抜染の雪花絞り反物の染色準備 | トップページ | 地色をグラデーションに染めた抜染雪花絞り反物の柄合わせは? »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • Dsc_44302_410x800
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ