« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月23日 (土)

夏以外に着たい雪花絞り着物のコーディネート片身替わり仕立て

Dsc_5684_382x640_2



Dsc_56791_3
肩身替わり仕立ての雪花絞り着物、今まで何度かコーディネートを試みてみたものの、なんとなく、ぴったりと合う帯が見つからなくてぴんとこない。

こういう場合帯揚げを帯の上に出すことで新たな変化をつけることは出来ないだろうかと考えた。帯ほどがさばらないし、洋服のストールでも代用できる。

今回選んだ帯はアンティークの少し渋めの朱色の帯、未使用なのか?ぜんぜん折り目が付いていない。どんな結び方をしていたんだろう?

少ない知識を総動員して、自己流に考えてみる。基本はカルタ結びがベースですが、これは半幅帯ではなし、縦半分に折りたたんで、普通のカルタ結びにしてもかっこうがつかない。

お太鼓は嫌いだし帯枕は使いたくない!今回もストールの帯揚げは後ろで結び目を作って、そのボリュームを帯枕代わりにする。

帯の結び方はカルタ結びとふくらすずめ?のあいのこみたいな結び方、これで結構様になったんじゃないかと思う。

色味としては、帯の朱色だけより帯揚げストールの黄色味の無いピンク系の色が入ったほうが、豊かな感じがする。

帯締めはムラ染めの皮ひも、半衿は正絹の鹿の子絞りの端切れ、帯揚げストールは嵐絞り、帯以外は絞り尽くしのコーディネートです。

もちろん夏ではなくて、気候の良い時期に着たい雪花絞り着物のコーディネートです。

20160508_1349382_500x484

2016年4月20日 (水)

雪花絞りのワンピース

昨年末雪花絞りの反物を購入していただいた服飾作家さんから、展示会のDMが届きました!

どんな服になるんだろう?と思っていたのですが、意外と可愛いデザインで、仕立てが丁寧な感じがします。黒い縁取りがきいていておしゃれだなと思いました。

Dsc_56541
Dsc_56571


2016年4月 1日 (金)

嵐絞りの半衿

Dsc_551321
半衿を着物より濃い色にしてみました。帯揚げと色違いの嵐絞りです。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • 20170604_151339_2_426x640
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ