« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

雪花絞り着物のお花見コーディネート

Dsc_5510_768x1500

雪花絞りの模様は桜の花びらのようにも見えるので、今年はぜひお花見に来て出かけたいと思っていました。

地色は淡い若草色、まだ肌寒さも残っているので、長じゅばんは冬用を選びました。実家に有った古い襦袢で、正絹ですが綿の裏地がついています。

半衿はオフホワイトの帯地だった生地を使いました。厚手の生地なので暖かそうに見えます。この時期着るなら衿は広衿、ばち衿よりやっぱり暖かい。

Dsc_55141

 どこかに桜の色を感じさせるピンクを入れたかったので、プロシオン染料で地色を明るいピンクに染めた嵐絞りのストールを帯揚げに選びました。

 帯はお気に入りの羽根付きかるた結び。少しボリュームを加えたいので、帯揚げは後ろに結び目を作り、帯枕のように利用します。

 カジュアル感を強調したいので、帯締めは皮ひも2本、足袋は色物にしました。

 桜の時期はけっこう風も強かったりするので、長じゅばんの下はすそよけ代わりにマキシム丈の薄手のギャザースカート、これですそが強風にあおられてめくれてもとりあえず安心です。

 いつでも着物で生活しているわけでもないし、ぎこちなく無理して着るよりファッションのバリエーションとして、染織を生かす手段として、着物を楽しみたいと思います。

Dsc_55131Dsc_55161

2016年3月17日 (木)

着物と洋服の境界をあいまいにしてみたい!

Dsc_5339_400x640_4

Dsc_5340_362x640
Dsc_53352

 

 

 嵐絞りの2枚のストールを着物風に身に着けてみました

大判のストールをふわっと肩にかけて、というスタイル。見た目には優雅ですが、実際に身に着けてみると、腕の動きを妨げたりして意外と着にくい。

そこで着物の着方を取り入れて、帯板など使って形を作ってみたらどうだろう?そう思いついて試してみました。

着物用の紐と帯板を利用して前をあわせ、腕の動きを妨げないことを確認してから、帯板をもう1枚のストールで包むようにして結びます。

2枚の長方形の布が着物風のベストになりました。ストールを肩にかけるだけよりずっと動きやすいです!

Dsc_5343_360x640
こちらは雪花絞りのストールに半幅帯の組み合わせです。

帯はカルタ結び。

この結び方は、帯にまったく結び目を作らないのにしっかりと締めることができて、初めて知ったとき感動しました。

ただまったくボリュームが出ないだけに、着物でドレスアップしたいときはちょっとこのままでは物足りない感じも。

どちらかというと、女性の労働着のむすび方だったのではないかなあと思っています。

このカルタ結び、サッシュベルトのようでもあり、意外と洋服と相性がいい。

帯の結び目は後ろに回さずに斜め前にしておくと、ちょっとした物入れにもなって便利です。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • Dsc_44302_410x800
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ