« 2015年6月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年9月

2015年9月17日 (木)

抜染の雪花絞り2

20150916_104519


あらかじめインディゴピュアの淡い色で水色に染めた後、プロシオン染料のブロン濃色を重ねました。

いつものように5列屏風畳のパターンにして、インディゴピュアで雪花絞りを染めます。前回の抜染の雪花絞りより雪花絞りの染料を濃い目にしました。

こちらは正三角の底に当たる頂点2点を苛性ソーダ溶液にしっかり浸してから、加熱したインディゴピュアの染液に入れます。

プロシオン染料が抜けた後は、思いのほか黄身の色が抜けずに強く残りました。インディゴピュアの色はは、黄色の染料を新たに重ねていないのに、ほとんどグリーンなりました。

最後に色止めも兼ねて淡い柿渋を重ねます。それほど色が変わるわけではありませんが、ほんの少しの柿渋で、やはり全体のトーンも落ち着きます。

20150917_161835

どんな感じになるかな?と思い仮着装してみました。

エンジの絞りの正絹の半衿が以外と良く合いました。秋らしい色になったと思います。雪花絞りは私にとっては、やはり浴衣というよりも木綿の野良着のイメージが強いです。

雪花絞りの浴衣がはやらなければ、こんなに雪花絞りの反物を染める機会は無かったと思いますが、固定観念の塊みたいな呉服業界はいまだに好きにはなれません。

2015年9月12日 (土)

抜染の雪花絞り1

20150912_104950


重ね染めだけでは得られないコントラストのはっきりした色使いの雪花絞りを染めてみようというわけで、今回建て染め染料とは性質の異なるプロシオン染料で地染めをしました。

プロシオン染料はハイドロサルファイトと苛性ソーダで色を簡単に抜くことができます。

雪花模様を染め出すのに使うインディゴピュアの還元液で、雪花の染色と同時に、地色の染料の色が抜けるので、重ねの色目だけでは出せないビビットな配色が可能です。

ただ、あまりどぎつい配色になるのが不安だったので、地色をかすかな淡いインディゴピュアで下染め、それから濃い目のプロシオン染料の赤を重ねました。地色は赤紫になりました。

最初の地染めのインディゴピュアの淡い水色は、ほとんど脱色されることなく最後まで残ります。これで全体のトーンが合って落ち着いた感じになると考えました。

狙った以上に渋目の落ち着いたトーンに染まりました。かなり渋いかなと思ったのですが、ボディーに着せてみると、花柄のようにも見える赤紫が意外とかわいい感じでした。

仕上げはやはりインディゴピュアの色止めもかねて、淡い柿渋を全体に重ねました。

20150911_112147_450x800


いつもと同じ5列屏風畳みの正三角形のパターンですが、少し小柄な印象になりました。

2015年9月 7日 (月)

エンジュ下地の雪花絞り反物 仮着想 秋の装い

20150907_134423

20150905_131551

濃く染まった藍の雪花絞りにエンジュと柿渋を重ねて落ち着いたグリーンに染めました。

雪花模様の細い曲線が細くすっきりと描いたように染まりました。

エンジュはこの反物1反で5gを煮出して、柿渋で下染め後アルミ媒染してから重ねました。

雪花模様は迷彩柄のようでもあり、林の中の入ると輪郭があいまいになって風景の中に溶け込む。土の色を感じさせる濃い柿渋染めの半衿と帯びを合わせました。

紅葉の季節に着たい色柄です。

20131129_135323_640x360

2015年9月 1日 (火)

柿渋下地の雪花絞り反物 仮着想 秋の装い

20150830_115824_431x640

20150815_121209

20150816_091547

20150827_082000

暑すぎる夏も終わって季候がよくなる時期に、和装ならではのコーディネートを楽しみながら雪花絞り着物を着たいと思います。

反物で見ているだけではなかなか着姿を具体的にイメージしづらいので、ボディーに当てて、帯や半衿のコーディネートをいろいろ試してみました。

半幅の博多帯と雪花絞り浴衣はよく合うのですが、当たり前すぎて面白く無い。

何とかならないかなと思いながら、いろいろ帯締めを合わせているうちに出てきたアフリカ綿の細い帯、スカートのサッシュベルトにでもしようかと思ってずっと前に染めておいた大針の唐松絞りが、思いがけず雪花絞りとよくなじみました。

帯は必ずしも1本しか使ってはいけないという理由もないし、好きなものを好きなだけ巻けば良い!

アンティークの帯は太さも長さもいろいろで、現代の帯とは締め方も違ったようだ。帯枕なんてしょって歩くのは真っ平だ!おしゃれな紐やストール、帯揚げなどを使って適当に好きな形を作れば良い。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年12月 »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • 20180530_100543_2_992x1024
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ