« 2015/2月 雪花絞りの草木染スカート | トップページ | 雪花絞り木綿反物の仮着装 藍と柿渋の重ね色 »

2015年4月 8日 (水)

片身変わり仕立ての雪花絞り木綿着物 仮着装

20150407_095724


  着物を2種類の反物を半分づつ使って仕立てる「片身変わり仕立て」に挑戦してみようというわけで、仕立て上がりをイメージできるように、ボディーにあててみました。

 雰囲気がわかるように帯や半衿も付けてみます。

 そこで迷ってしまったのですが、袖の生地も交互に変えてみたらどうだろう?やっぱり変えない方がいいだろうか?

 さんざん迷ってとりあえず写真を撮ってみました。

 背縫いのところから左右に生地を分けて仕立てると、ハンガーに掛かっている時はちょうど半々ですがが、着装すると、帯から下は上前の生地だけが前から見えるので、ちょっと違った印象になります。

 そこがおもしろいとおもったのですが・・・、

 袖の生地を交互に変えてみると、いろいろな生地をつぎはぎしながら着続けた昔の木綿着物の雰囲気に、少し近づくような感じがして、こちらも捨てがたい。

 反物の色は、いつもの通り柿渋と草木を重ねたかなり渋めの色ですが、同じ反物1反で作るより、意外と目立つような気もします。

20150407_102755_360x640


 帯はアジアのジュート麻のような厚手の麻を、柿渋でしっかり染めてアンティークの帯のように細めに仕立てたものを選びました。

 帯締めはピタッとはまるものがなく、1本では弱くて負けてしまいそうに思ったので、皮ひもと束ねて使ってみました。全体的に渋い色なので、帯締めの白がアクセントです。

 半衿は淡い柿渋染めのストールを当ててみましたが、かえって普通の白の方が良かったかなとも思いました。

 下は半衿なしでシルバーのネックレスと合わせてみました。こちらの方がすっきりしている。やっぱり袖も交互に変えない方がいいような気がしてきました。

次は帯の色を変えて、明るい朱色を選んでみました。

帯の色に負けないように半衿は人工的でビビッとな濃いピンク、これでかなり印象が変わったかな?

 ところで、着物の袖のたもとの長さはどの位にしたらいいだろう?

 片身変わり仕立ての場合、すっきりと見えるので、ふり袖ほどではないけれど、若干長めに作りたいような気がします。

20150407_111223_404x640



































« 2015/2月 雪花絞りの草木染スカート | トップページ | 雪花絞り木綿反物の仮着装 藍と柿渋の重ね色 »

雪花絞り」カテゴリの記事

雪花絞りの浴衣と単衣着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/59562127

この記事へのトラックバック一覧です: 片身変わり仕立ての雪花絞り木綿着物 仮着装:

« 2015/2月 雪花絞りの草木染スカート | トップページ | 雪花絞り木綿反物の仮着装 藍と柿渋の重ね色 »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • Dsc_44302_410x800
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ