« 片身変わり仕立ての雪花絞り木綿着物 仮着装 | トップページ | 雪花絞り木綿着物仮着装 柿渋下地 »

2015年4月17日 (金)

雪花絞り木綿反物の仮着装 藍と柿渋の重ね色

20150416_133225_2

 先日「片身変わり仕立て」の雪花絞り着物の雰囲気を見るため、仮着装してみたのですが、やはり反物だけで見ているよりイメージが具体的になってわかりやすかったので、他の反物も試してみました。

 地色に藍の淡い色と柿渋を重ねてグレー系の色味に染めた渋い色味の木綿反物です。

 帯はジュート麻のような厚手のアジアの手織り生地を柿渋でしっかり染めたものを選びました。アンティーク帯のように細めに仕立てています。

 帯揚げは嵐絞りの2mほどのシルク生地を2重巻きにして、帯の上に巻きつけてみました。全体的に同系色のかなり渋い色でまとめたので、白と藍のグラデーションの帯締めを蝶結びにして少し目立たせ、金糸入りの帯地のベルトで押さえました。ベルトのバックルは後ろに回して帯の中に隠します。

 半衿はなしにして、衿を少し大きめに開けると涼しいのですが、衿元が開きすぎてしまうような気がするので、シルバーのネックレスをコーディしました。柿渋とシルバーの質感はよく合うような気がします。

« 片身変わり仕立ての雪花絞り木綿着物 仮着装 | トップページ | 雪花絞り木綿着物仮着装 柿渋下地 »

雪花絞り」カテゴリの記事

雪花絞りの浴衣と単衣着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/59680800

この記事へのトラックバック一覧です: 雪花絞り木綿反物の仮着装 藍と柿渋の重ね色:

« 片身変わり仕立ての雪花絞り木綿着物 仮着装 | トップページ | 雪花絞り木綿着物仮着装 柿渋下地 »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • 20170604_151339_2_426x640
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ