« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月10日 (火)

2014有松絞り祭り 抜染の雪花絞り見つけた!

 今年も有松絞り祭りに出展させていただきました。

 今年も大勢のお客様で忙しかったのですが、他の展示も観たくて急いで会場を駆け抜けながら目に留まったのはやっぱり雪花絞り、抜染の技法と併用した雪花絞りです。

20140607_161037_640x415(有松絞り祭りの展示にて)

 実物はもう少し茶色みが強かったような気もしますが、なんだか時間に追われて落ち着いて見ていられなかったので、今となっては記憶が定かではありません。

 ここは昔の有松絞りの浴衣を展示しているコーナーでしたが、この雪花絞りは着物の形になっていなくて、パネルに張って展示されていました。生地の幅は着物幅ではなく、90センチぐらいありそうに見えました。色が抜けたところが輝くように見えて幻想的です。こんな雪花絞りも試してみたくなりました。けどかなり手間がかかってたいへんそうだなあ・・・・

そのほか有松絞りの画集では何度も見たことがある代表的な素朴でおおらかな意匠の絞りの浴衣も見ることが出来ました。やっぱり丈が短くて、長じゅばんほどしかないように見えました。

 今のようなおはしょりを作らないで着たり、絹の着物の下に着たりしたこともあったのでしょうか?
 

 江戸時代の浮世絵の美人画には、着物の下に有松絞りのような絞り模様の衿を見せて着ているのが有ったような気がします。

2014年6月 2日 (月)

ギャザースカートに帯を締めてみたら・・・

20140602_092114_369x500_2


20140602_090923_281x500_2 着物初心者はしょっちゅう帯の結び方を練習していないとすぐに忘れてしまう。だけど、いつでもどこでも着物を着ていられるという雰囲気でもない。

 だいたい着物は動きにくくてうっとうしい。もっと動きやすい着物にするには、着方だけではなくて、仕立て方から変えないと。

 今度仕立てを頼む時は、明治生まれの祖母が着ていたような、今の着物より合わせがあさくて生地量の少ない、丈も短めの着物にしたい。
 袖は戦国時代のような小袖タイプがいいかな?この時代の女性は衿を抜かずに着ているけど、やはり汚れ防止も考えると、多少衿は抜いて着たい。

 いろいろ妄想は膨らむけど、こんな変な着物を引き受けてもらうのは、説明するだけでも大変そうだ。
 心当たりはあるけれど、まだ準備が必要だし、そうだ!それなら洋服のアイテムの中に帯を取り入れてみたらどうだろう?

 そう思いついて雪花絞りのギャザースカートに、共布で帯の様な物を作ってみた。帯芯は
有り合わせの洋裁用の芯地をいいかげんに使ってしまった。

 帯の結び方はネットを見ながら覚えた男帯の結び方を自己流にアレンジ。

 この結び方だとあまりボリュウムが出なくて大げさな感じにならないし、よりかかっても寝ころんでも大丈夫。私のお気に入りです。
 2.5メートルもあれば結べるかなという感じで、着物の帯よりは短く作りました。太さは伊達締めと同じぐらいにしておいた方が無難かなとも思ったのですが、意外と太い方がインパクトあるかも?と思い直して反幅帯と同じ太さにしてみました。

 さっそくボデイーに着せてみるとなんだか結びにくい。やっぱり帯は専用の帯芯を使わないとだめな理由があるのかな?まあ今回はお試しだし、なんとかならないこともないのでとりあえずこれでいいや!

 帯はウエストよりだいぶ低い位置の腰のところをぎゅっと締めて結ぶ。そうするとウエストから上の部分には隙間が出来るのでここを物入れとして利用できる。
 帯板は反幅帯の場合はポケット付きが便利だ。スカートのポケットにあまりものを入れるとシルエットが崩れてしまうけれど、帯だと多少重さのあるものも入れられるし、携帯やカード類など小物を入れるにはとても便利だ。腰のところで帯を締めれば、帯がきつすぎて苦しくなるということもないし、意外と快適だ。

 今年の有松絞り祭りは浴衣でとも思っていたのですが、やっぱりテントを張ったり展示したり今の浴衣じゃ無理なので、スカートに帯で行こうと思います。

 だけどこのスタイル、見た目はあまり和のテイストを感じない。どちらかというとオリエンタルな雰囲気になったか?

 







« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • 20180530_100543_2_992x1024
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ