« 古民家でのクラフトフェア 牧禎舎 | トップページ | 再び雪花絞りのスカート »

2014年3月26日 (水)

雪花絞りの足袋とカジュアル着物

 先日 行田足袋ぐらのクラフトフェアで出会った足袋を作っていた作家さんに、雪花絞りの生地で試作していただきました。

下駄と合わせてみると、ちょっとレトロな雰囲気になりました。こんな足袋と下駄で、田舎道をどこまでも歩いて行きたいような気がします。

 こんな足もとに似合うのはやはり木綿着物。出来れば着丈を短く、ひざ下のセミロングぐらいに着たいです。

 
 着付け教室で教えているような着こなしでは、浴衣といえども裾がまとわりついて、風を感じながら一日中山道を歩きまわったりすることはできません。

 明治から大正、昭和初期にかけて、まだ着物が日常着だったころ、和装と洋装が入り混じっていたころ、庶民はどんな着こなしをしていたのでしょう?当時のファッション誌のようなものはあったのでしょうか?
 これからのカジュアル着物は、この時代の日常着が参考になりそうな気がします。どこで調べたらよいでしょう?図書館に行ったら参考になる資料を見つけることが出来るでしょうか?着物や長じゅばんの仕立てはどうしたらいいでしょう?これから少しづつ資料を集めていきたいと思います。

20140326_150534_450x800_220140326_145743_450x80020140326_150117_450x800_2

 

« 古民家でのクラフトフェア 牧禎舎 | トップページ | 再び雪花絞りのスカート »

雪花絞り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/55529763

この記事へのトラックバック一覧です: 雪花絞りの足袋とカジュアル着物:

« 古民家でのクラフトフェア 牧禎舎 | トップページ | 再び雪花絞りのスカート »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • Dsc_44302_410x800
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ