« 雪花絞り反物の地色 柿渋 | トップページ | 雪花絞りの着物 春のコーデイネートと柄あわせについて »

2014年2月24日 (月)

続 雪花絞りの反物の地染め

 先日染めた柿渋下地の反物を見ているうちにもう少し色に暖かみが欲しいような気がして、迷ったのですが、茜の淡い色を重ねてみることにしました。

柿渋の生地はアルミ媒染して、冷凍庫に保管してあった西洋茜を煮出し、あまり濃くならないように3番液4番液を合わせたもので染めました。

20140220_145846_576x1024_472x800_520140224_111947_450x800_6
































柿渋だけの下地が左、さらに茜を重ねたものが右、こちらの色目になりました。 

 やはり茜を重ねた方が柔らかくやさしい色味になったと思うのですが、これだけの微妙な色味を写真でわかるように表わすのはかなり難しいと思いました。 背景の色は同じはずなのですが、なんとなく違う色に映っているような?

« 雪花絞り反物の地色 柿渋 | トップページ | 雪花絞りの着物 春のコーデイネートと柄あわせについて »

雪花絞り反物の染色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/55123521

この記事へのトラックバック一覧です: 続 雪花絞りの反物の地染め:

« 雪花絞り反物の地色 柿渋 | トップページ | 雪花絞りの着物 春のコーデイネートと柄あわせについて »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • Dsc_44302_410x800
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ