« 柿渋とこんにゃく糊の嵐絞りストール | トップページ | 柿渋と藍の重ねの色の雪花絞り »

2014年1月 3日 (金)

雪花絞りの染色2014年1月 支え棒を使って

20131230_152926_800x300_640x240

 今までやっていなかったのですが、今回反物を染める時にささえるための棒3本を付け加えました。

 5列屏風だたみ正三角形のパターン1反の雪花絞りの染色だと支えの棒がなくても何とかなってはいたのですが、より手元を安定させたくて試してみました。

 染色用のステンレスの攪拌棒でも使ってみようかとずっと思っていたのですが、これだと棒の長さを自分で調整できないし高価だし、菜箸だと長さが足りないしと思いながら、結局試さずに時間が経ってしまっていたのですが、ふと思いついて、園芸用の植木の支えの棒を使うことにしました。
 細い竹なので自分で必要な長さに切ることが出来るし、どこでも簡単に手に入るし、これで充分、そんなに難しく考えることはなかった!道具はなるべくシンプルな方が良い。

 支えの棒を使うことで、染料を吸い上げて重くなった生地がたるんで崩れてしまう心配が無くなったので、ずいぶん染めやすくなりました。最初から省略せずにやればよかった!

20131231_131243_800x455

20140108_090822_800x450_2

20140109_084425_800x450

1回3反づつ染液の条件を少しづつ変えながら染めました。2番目はいつもより少し深めに染液の中に沈めました。

« 柿渋とこんにゃく糊の嵐絞りストール | トップページ | 柿渋と藍の重ねの色の雪花絞り »

雪花絞り反物の染色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/54453325

この記事へのトラックバック一覧です: 雪花絞りの染色2014年1月 支え棒を使って:

« 柿渋とこんにゃく糊の嵐絞りストール | トップページ | 柿渋と藍の重ねの色の雪花絞り »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • Dsc_44302_410x800
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ