« 10月も雪花絞りの着物を着たい! | トップページ | 日の光と紅葉 »

2013年11月15日 (金)

名古屋帯と雪花絞りの着物のコーデイネート

 やっと着付け教室で名古屋帯の結び方を覚えたので、雪花絞りの着物に結んでみました。

20131115_141942_342x640 
 タンスの中を捜したら出てきた紬の名古屋帯です。大柄のブドウのつる草模様で色が鮮やかできれいだと思いましたが、雪花絞りと合うかな?

 両方ともかなり強い印象の柄なので、うるさくなり過ぎるのではないかと思いましたが、締めてみると思ったより悪くないような気がしてきました。

 同系色の色が入っているのと、規則的なぶどうのつる草模様が、雪花絞りの植物を想わせるような曲線のパターンと意外と調和したように思います。

 木綿の着物の素朴な雰囲気が、かなり華やかになったような気がします。

 この組み合わせだと、半衿は中間色の柔らかい色にして、全体の雰囲気を和らげたいように感じました。

半衿は、捨てられないでためてあった染めそこないの生地や端切れの中から捜しました。
 いくつか試してみましたが、帯と同じ素材のシルクが合いました。
 ブドウのつるの色と同じような色の、黄色みの染料と柿渋を重ねたインドシルクの生地を選びました。

 
11月はこの組み合わせで、着付け教室の交流会に出かけてみました。

真夏に浴衣として着た着物と同じ生地の着物を、11月も帯と下着を変えただけで、寒い思いもせずに着ていられるのが不思議です。

20131115_142937_315x640 交流会では1日名古屋帯を締めて過ごしたのですが、着物を着なれていない私は、ずっと荷物を背中にしょったまま過ごしたような気分で、疲れてしまいました。反幅帯の時はほとんど違和感がなく、着物も意外と楽と思ったのですが・・・

 交流会に集まった人たちは着付け師の仕事をしている人たちが多く、みんなセンス良く少しカジュアルな雰囲気で着こなしていました。

« 10月も雪花絞りの着物を着たい! | トップページ | 日の光と紅葉 »

雪花絞り」カテゴリの記事

雪花絞りの浴衣と単衣着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/53946433

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋帯と雪花絞りの着物のコーデイネート:

« 10月も雪花絞りの着物を着たい! | トップページ | 日の光と紅葉 »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • 20170604_151339_2_426x640
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ