«  雪花絞りのテントの屋根の修復 | トップページ | 紅い足がきれいなバッタ »

2013年8月 7日 (水)

雪花絞りの浴衣と帯のコーディネート

 先日公民館で浴衣と単衣着物の着付けを習いました。反幅帯の結び方を忘れないうちにと思って、ボデイーに着せて写真を撮ってみました。

 淡い藍に柿渋を重ねアルミ媒染してエンジュを重ねた地色の雪花絞りの浴衣は広衿仕立てです。

 帯は黒地に赤い織り柄のお気に入りの博多帯を合わせました。
 

 どちらも地と柄の色のコントラストが強く、締めてみるまで合うのかどうか自信がなくて、他の帯も持って行ってみました。着付けの先生に選んでいただくと、先生も迷わずこの帯を選ばれました。意外としっくりまとまったのではないかと思います。

この色合わせだと、やはり単衣着物のような着方で、真夏よりもこれから秋の季節に着てみたいと感じました。
 

20130807_105018_2

 もう1枚は、バチ衿仕立ての浴衣です。こちらは浴衣の仕立ての体験講座に通いながら、何とか自分で縫ったもので、いまいち縫い目が・・・・・thinkという感じはありますが、やはり反物だけで見ているよりも、浴衣として完成したものを見ることが出来るのはうれしいものです。

 こちらの方が仕立ても夏の浴衣らしく出来ているので、帯ももっと涼しげなものが良いと思い、紗の夏帯を結びました。

 雪花絞りの浴衣の地色は明るいエンジュ色、帯はクリーム色の地色なので、ちょっとボケるかなとも思ったのですが、水色の柄がわりと目立つので、この水色がアクセントになって全体を引き締めてくれるように思いました。やはりこちらの方が涼しげです。

20130807_125051

 

«  雪花絞りのテントの屋根の修復 | トップページ | 紅い足がきれいなバッタ »

雪花絞り」カテゴリの記事

雪花絞りの浴衣と単衣着物」カテゴリの記事

コメント

いろいろ 頑張って 工夫されている様子 楽しみに読ませて もらってます
ありがとう

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/52784926

この記事へのトラックバック一覧です: 雪花絞りの浴衣と帯のコーディネート:

«  雪花絞りのテントの屋根の修復 | トップページ | 紅い足がきれいなバッタ »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • Dsc_44302_410x800
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ