« 雪花絞り浴衣反物の染色2013年1月 | トップページ | 浴衣の染色と仕立て »

2013年1月26日 (土)

続雪花絞り浴衣反物の染色2013年1月

 前回染めた染液の残りに、だいぶ酸化が進んでしまったのではないかと思い、ハイドロサルファイトを足した。

 染液の表面が染めている間に固まってしまうと布に吸い寄せられて塊がそのまま付着してしまう。前回も塊が少しついてしまったので、もう少しハイドロを多くした方が良いのではないかと思った。染液の表面が固まらなくなるまでハイドロを足した。

 そして雪花絞りを染めた。染料を吸い上げた 布の三角柱を洗うと、表面がいつまでも黄色くて なかなか発色しない。どうやらハイドロを入れ過ぎたらしいと思った。

夕方まで放置したが、あまり発色してこないので、けっきょく次の日まで放置することにした。しかしこのまま乾いてしまうと染料が固まって染まらずに塊になって落ちてしまうという失敗を何度か経験している。かといって水中に入れっぱなしというのもだめだった。、布が乾かないように少しだけ水をひいてその上に布の三角柱を置いた。

 朝起きて様子を見ると昨日よりは表面が青くなっていたがまだかなり黄色いままだ。結局昼までそのままにしておいた。こんなに酸化しないようだと、洗ったらほとんど染料が流れてしまうのではないか?大失敗だ。

ほとんど絶望的な気持ちで、タコ糸をほどき、とにかく酸化するまでジャブジャブ洗った。、初めは黄色いので良くわからなかったが、酸化発色が進んでから染め上がりを確認すると、意外にも濃くきれいに染まっていた。これで良かったのかcoldsweats01

201301260925
これは最初に地色を淡い藍で染めておいたのだが、雪花絞りを染めた時、ハイドロの効力で、少し脱色されたようだ。折山の部分だけ元の色が残って、ちょうど亀甲の模様のようになった。これは予想外の染まり方だった。花型の模様の濃淡もわりあいきれいに出ていた。

 水洗いして一度乾かしてから、50ccの柿渋を17倍に薄めて布全体に浸透させ、発色むらが出ないように注意しながら乾かして、完成した。
 柿渋の色はほとんど感じないが、藍の色止めの効果があり、藍の色も生より落ち着いた感じになる。

 

 

 

« 雪花絞り浴衣反物の染色2013年1月 | トップページ | 浴衣の染色と仕立て »

雪花絞り反物の染色」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/48974724

この記事へのトラックバック一覧です: 続雪花絞り浴衣反物の染色2013年1月:

« 雪花絞り浴衣反物の染色2013年1月 | トップページ | 浴衣の染色と仕立て »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • 20170604_151339_2_426x640
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ