« 長尺の雪花絞り | トップページ | 嵐絞りのシルクストール »

2010年10月28日 (木)

続長尺の雪花絞り

 201010231040  201010251715

 こちらは三角形に折りたたんだ生地の頂点を染液に浸して染める雪花絞り。

 こちらの方も生地を染液に浸す前に、水ではなく、ハイドロと苛性ソーダの混合液に強力浸透剤ネオコールSWを加えた溶液を吸収させた。やはり最初に水だけを吸収させて染めた雪花絞りより、くっきりと濃く染まった。

右の画像の雪花絞りは、ハイドロと苛性ソーダ、それに浸透剤を加えた混合溶液を生地に少量吸収させてから、1時間以上経過してから染めた。
 時間の経過とともに生地全体に浸透剤がひろがるので、もしかすると染料の浸透が良くなるのではないかと思った。しかし、水分も全体に広がってしまうので、やはり染料の入れるところが少なくなったようだ。花びらの形が痩せ形になった。

 左の画像の雪花絞りは浸透が良かった。こちらは、花びらの形の中に境界線のようなグラデーションが出来た。これが出来たり出来なかったりするのはなぜなのか?相変わらず解からないが、1回の染めだけでこれだけ複雑な濃淡が出るのはうれしい。これはもっと大柄でも試してみたいと思う。

 

 

« 長尺の雪花絞り | トップページ | 嵐絞りのシルクストール »

雪花絞りの実験」カテゴリの記事

コメント

 コメントありがとうございます。私は灰汁発酵建ての藍染はやったことがありませんが、やはり本藍の色は柔らかくて美しいなと思って憧れています。
 雪花絞りは明治期以降 化学染料が普及してからの染色方で、主に建て染め染料が使われているようです。染料を濃色にして一度で染めるのが基本なので、本藍では色が薄くて難しいのではないかと思います。インド藍でも雪花絞りは出来ますが、インジゴピュアのほうがずっとコストが安いです。
 本藍のやわらかな色合いに比べると、インジゴピュアの色はかなり生っぽく感じますが、薄めた柿渋を重ねることでカバーしています。
 雪花絞りは現代的な感覚で面白い染めなので、雪花絞りを染める人がもっと増えるといいなと思っています。ぜひトライしてみてください。

はじめましてたたみ絞り検索してたらこちらに来させていただきました。
雪花絞りすごいきれいに染まっていて、とても感激しました。
わたしは灰汁発酵建ての染師でして(雇われ)、この建て方の藍では雪花絞りはまったく出来ないのでどうやるんだろうなあ~っと思っていたんです。
インディゴピュアは使用したこともなくどんなもんかまったくわからなかったんですがなんかやってみたくなりました!展示会見に行ってみたいです。
私も将来は独立して小さく自分でやりたいと思っているんですが、なかなか踏ん切りがつかなくて、、、。
でも本当に雪花絞りきれいですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284056/37415736

この記事へのトラックバック一覧です: 続長尺の雪花絞り:

« 長尺の雪花絞り | トップページ | 嵐絞りのシルクストール »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • Dsc_45141_2
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ