« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月

2009年12月17日 (木)

有松絞りをたずねて 名古屋市博物館 

Arimatu01_10   

雪花絞り文様着物 (名古屋市博物館) 昭和初期

 はじめて見た時から、心を引かれた雪花絞りの浴衣です。.私はこの浴衣をお手本にして雪花絞りを試みてきました。

 何年か前に、この浴衣を藍染めの展示会で見た時から忘れられなかったのですが、有松絞りの図録から、名古屋市博物館の収蔵品とわかり、もう一度見たくて、博物館に問合せてみました。

 そして先日(12月3日)この浴衣を閲覧させていただくことができました。間近で手に取って見る浴衣は、展示会で漠然と全体を見たときより、身近に感じもしたし、あらも見えたのです。

 藍の濃淡が美しく、文様がくっきりと出ていて、毛細管現象で吸い上げられていく水と染料の勢いが感じられるような心地よい緊張感。以前に見たときの印象と変わりませんでした。特に、花びらの輪郭の様に見える地色の白い線が、にじむことなくとてもシャープに染めあがっているのが、はじめて見たときから不思議で魅力的でした。

 ただ以前には気がつかなかったこともたくさん見えてきました。
 生地はおもったよりかなり織り目があらく、現在の浴衣や晒しの手ぬぐいの生地とはだいぶ感じが違いました。織り目が粗いと空気が入りやすく、早く酸化するので、雪花の模様がくっきり出やすいかも知れないと考えたりしました。

 自分で雪花絞りの実験をするようになってからは、どんな染料を使って染めていたかということも気になります。この浴衣の色は私はインディゴピュアで染められているのではないかと思いましたが、見ただけではわかりません。当時の木綿の絞り染めには主にどんな染料が使われていたのだろうか?化学染料を単独で使ったときの色の生っぽさも感じ、色味としては少し物足りない感じもしました。

 

2009年12月 1日 (火)

最近染めた雪花絞り

 最近染めた雪花絞り
(インジゴピュア 3メートル晒し木綿)

 この感じは、わりと安定して染められる様になりました。藍の濃淡はわりときれいだと思うけど、シャープさに欠けるかな?スレン染料で染めたら違う感じになるだろうか?
 折りたたんだ布をかすかに湿らせてから再び水と染料を吸い上げさせると、だいたいいつも、こんな感じになります。

01_3 インジゴピュアの雪花絞り (1.5メートル晒し木綿)

  こちらは布が乾いた状態のまま水と染料を吸い上げさせました。花びらの輪郭のような細い線はわりときれいに出ましたが、藍の濃淡の幅がなく単調な染まり方になってしまいました。
 三角形の折り山の内側の線が完全に酸化せず白く抜けてしまいました。

 雪花絞りは白いところが少ない染めのほうが難しく、成功率が低い。
 藍の濃淡の幅が出ないのは,染めるタイミングの問題ではなく洗い方、吸い上げさせた染料の酸化の過程の問題なのではないだろうか?次回染めるときはこの点を工夫してみよう。

 ずっと前に見た昭和初期の雪花絞りの浴衣は、藍の濃淡が一度で染めたとは思えないほど美しく幅があった。たぶん濃い染料で染めて、洗う過程で濃色から淡色までの美しい階調ができたのではないだろうか?

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

フォト

せみのはねの雪花絞り

  • 20180530_100543_2_992x1024
     染めるたびに少しづつ違ってしまって狙った通りに染めるのが難しい雪花絞り。 いつか理想の雪花絞りを染めることを夢見て、雪花絞りの染色の記録を撮り続けています。

天然染料、草木染め

無料ブログはココログ